死刑執行に関する声明を発表しました。

平成29年12月19日、法務大臣は死刑を執行しました。 死刑制度については、平成28年10月7日に日本弁護士連合会が2020年までに死刑制度を廃止すべきであるとする宣言を示し、当フォーラムとして強く反対する旨明らかにしたところですが、今回の法務大臣による死刑執行について、厳正な司法判断の結果を尊重し法の定めに従って執行することは当然であること、法を遵守しなくてよいと述べる意見こそおかしいものであることについて、声明を表明いたしました。